お得商品.com
ブランド・生活雑貨・フード・コスメ・etc
便利でお得な商品満載
月500円のアマゾン携帯サーチ「Amasearch」

申し込み受付中
せどり情報は・・・人気blogランキング参加中

2006年06月15日

下がるモチベーション

毎日、佐川の飛脚メール便が到着しないという対応に追われています。

どうも、メール便というと2〜3日して届くというイメージを持たれているみたいです。それは・・・クロネコヤマトのせいです。
だって、クロネコメール便って、本当に早いですものね(少しお釜系かも・・・キーボードうちながら、小指が立っていたりして・・・)

今日も、17時くらいに素敵なお客様からお問い合わせがありました。
17時くらいに同じ内容のメールを10分毎に3通送っていただきました。

「お客様、メールは電話と違って、送ったらすぐに読めるものではありません。」お願いします。同じ内容のメールを10分おきに送るのは・・・勘弁してください。

益々、モチベーションが下がります。
それも、13日に発送したメール便がそろそろ届くはずなのに、今日届いてないとのこと・・・

あの〜、今日は15日です。
発送から、まだ2日しか経過しておりません。
クロネコメール便でも届くかどうか・・・微妙な日にちです。

世の中には、色々な人がいます。

さて、毎日配達が遅いという理由で、ひどい評価が付かないかびくびくしています。

出品ツールを作っていると言いましたが、段々と夢はふくらんでいき、管理、出品、価格調整を行うツールを目指して作成中です。

アイデアを出すのは好きですが、作るのは嫌いです。
こんな事ではいけないと思いながら、毎日少しずつ作成しています。

このブログを読まれている皆さんは、本の管理や出品はどんな風にしているのでしょうか?

もし良ければ、コメントにでも書いてください。


よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

Amazonが不調か?

昨日は11冊でした。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。

さて、昨日今日とアマゾンが?と言う現象が3つ起きています。

@5月に売れた商品が再度売れてしまい、もう在庫がないのでキャンセル処理をとる・・・原因については、わかったので後で説明します。

A出品リストにない商品について、保留のメールが来る。

B出品中の商品で出品一覧を見ると数量が0の商品がある。

さて、わかった範囲で説明しますね。(想像も含めて)

@
Bともからむのですが、5月に商品が売れた後で、その商品が出品一覧の中に残っており、数量は0になっていたものと思われます。
価格調整を行うときに、0の商品があり、1に変更した記憶があるので、これにより再出品されたような形になってしまったものと思われます。

その本は、今回も売れた後に出品一覧には数量0で残っています。今回は「編集」から出品を終了させました。
その本のキャンセルの内容を見ると、売却数が4になっていました。
出品一覧では0だったのに・・・謎です。

A
以前購入していただいたお客さんから、本が届かないとの連絡があり、調査したところ、出品が終了したが発送してくださいのメールが届かなかった(保留のメールも無し)ので、取引としては成立していないですよ・・・とのやりとりをしました。

そのお客さんが、またぼくのところから同じ本(再出品した本)をご購入くださったのですが・・・また同じ現象になり、今度はこちらから「もしかしたらご注文いただきました?」との連絡をすると、その通りでした。

そのお客様曰く、アマゾンに問い合わせても、何故受け付けてもらえないのかわからないとのこと・・・アマゾン側も理由が不明とのことで、取り合ってもらえなかったそうです。

それで、その本については、直接取引でご購入いただきました。
その時の保留メールが、ゾンビのように今日復活?して、1回目と2回目の保留としてやってきました。

14日に出品中の商品の一覧レポートを作成しているので、そちらの中身を確認したのですが、案の定、その本はありません。
何故今頃復活したのかは・・・謎です。

B
売れてもいない本の数量が出品一覧で0になっています。
一応在庫を確認してから、1に変更しようと思っていますが、何故0になったのか・・・謎です。

そのほか、6月9日に発送した飛脚メール便11冊のうち、3冊は今日配達と判明しました(本が届かないとの連絡で9日の配達状況を確認したところ・・・)

飛脚メール便については、HP上では3〜4日(特別な地域は除く)となっていますが、大嘘ですので、皆さん注意してください(但し、届くものもあります。)。

佐川のゆうメール便については、1件も苦情がきていないので、配達は3〜4日程度でされているものと思います(郵便局様 感謝です。)

やはり、飛脚メール便は使えないみたいです。
どうも、メール便はメール便センターに集めてから発送するらしいのですが、こちらのメール便センターが手一杯で、うまく機能していないそうです。

クロネコのまねして始めたけれど・・・といった感じでしょうか。
一応、ゆうメール便をもう少し安くして・・・とお願いはしたところですが・・・

さて、どうなることやら・・・

雨のせいでしょうか?
良いことが続きません。

何かの祟りでも・・・

そうそう、9日に発送した本が届かないという連絡の方についての調査は、12日に配達したとのことでしたが・・・でも、お客さんは届いてないと言われるし・・・これも、疑ってしまいたくなる飛脚メール便でした。

これは、飛脚メール便の悪口ではありません。
本当のことを書いているだけですので・・・佐川の関係者の方は怒らないでください。

むしろ、配達日数の関係で、悪い評価をもらわないか・・・そちらの方が、心配です。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 13:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | せどり

我が妻との闘争

昨日のトラブルは、少しずつ収束に向かいつつあります。
結局、時間が解決してくれるのでしょうね・・・引き続き、少し落ち込み中です。

悪いことは重なるもので、ブログの記事を書いている途中にパソコンが固まってしまい、70%位できていた内容がすべて吹っ飛んでしまいました。

それで、先ほどまでふてくされて寝ていましたが・・・気を取り直して書いています。

ご存じな方もおられると思いますが、マックの雑誌に連載しています、「我が妻との闘争」のことを記事のタイトルにしています。

ホームページから内容を引用しようとしたのですが、一部抜粋ではおもしろさは分かりませんので、是非読んでみてください。

中年男性の生き様と悲しみがそこにあります。
涙なしには読めません(それが、笑いの涙であっても・・・)。

ぼくの方はまだましです。

昨夜の夕食時にもこんな事がありました。
食事中に嫁が汁物を食べていて、ポチャンと汁の滴をとばして服に掛かりそうになりました。

それを見ていた僕は、嫁に行ってやりました。
僕「そんなことしたら、○○(嫁の名前)に怒られるんだ〜}
嫁「・・・」
(僕は、聞こえたのだろうかと少し不安になり・・・)

僕「今言ったこと聞こえた」
冷たい視線で嫁が・・・
嫁「聞こえたけど、それがどうしたん・・・」
僕「・・・」

と言う、暖かい夫婦の会話があり、和やかな夕食はすぎていくのでした。

いえ、いつも僕がこぼすので、本当にたまに見えた嫁の失態を、ここぞとばかりに責めようとしたのですが・・・
やはり、無理がありました。

ん!
ここで少し気がついたのですが・・・「我が妻との闘争」とは少し違うような・・・

言うならば「我が無知との闘争」・・・か、「我が・・・我が・・・我が・・・」もうどうでもええやん、そんなこと!

とりあえず「我が妻との闘争」を読んでみてください。
面白いです。

今回も、ほとんどせどりねたはなしでした。

でも、皆様に言っておきたいのは、パソコンが固まったて消えてしまった記事の内容は、これなんかより10倍も面白かったのですから・・・

・・・信じて・・・ね!

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2006年06月13日

出品ツール

昨日は19冊でした。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。
やはり、月曜日は売れるような気がします。

でも、単価の安い本が多かったので、売り上げは2万ちょっとくらいです。
そろそろ、5月連休と5月末にセールで仕入れた500円均一の本の効力がなくなってきて、平常な売り上げに戻って行っている感じがします。
今のところ、仕入れも今一歩なので・・・売り上げもそこそこになりそうですが、今月は間違いなく40万の売り上げは超えそうです。

さて、今朝ほど昨日売れた本を発送するために、嫁と梱包および発送メールの作成等をしていたのですが・・・

ラベルが1枚余ってしまったのです。
発送数を数えると1冊足りません。

余ったラベルの本は「ウミガメの・・・」とか言う題名の本で、嫁共々に記憶があります。

まずぼくは、本棚からピッキング(本を取るのはこれで良かったかな? バイリンガルな僕としては、格好を付けて、つい外来語を使ってみたくなるので・・・)、した記憶があります。

嫁は、その本を納品書とともにクリアポケットに入れた記憶があるそうです。
でも、ラベルが1枚余っています。

ぼく「間違って入れてない?」
嫁「絶対に間違えてない、それより君が何冊かクリアポケットに入れていたけれど、間違えて入れたのじゃない」

と言うことで、嫁は間違ってないと主張します。
いえ、「絶対に!間違っていない」と主張します。(小心者なので、嫁の主張に言い返せない・・・)

仕方ないので、それらしき梱包の袋を慎重に開けていきました。

そう、5冊くらいあけたところでしょうか・・・
見つかりました。

えっ、どこで見つかったって・・・
嫁が梱包作業をしていた机の下に、クリアポケットに入っていた本が・・・

それから、無言で2人で梱包しました。

いえ、何時も感謝しているんですよ・・・・・・・・・・・・・・・(少し、・・・が長いが・・・)嫁には

今日も感謝しながら梱包しました。

さて、人生訓ですが、やってはいけないこと・・・
「人のミスは死ねと思えるほど非難するが・・・、自分のミスは笑ってごまかす・・・事」
やはり、人間は精進していかないといけませんね。

ひなこさんから、嫁にTバックを履かせろとの暖かいお言葉をいただきましたが・・・
風邪をひくとのことで却下されました。

仕方ないので、是非・・・これ以上書くと、違うブログのジャンルになってしまいますので、コメントを控えさせていただきます。

出品ツールを現在作成中です。
世の中には、良いツールもあるのでしょうが、現在ぼくがやっているエクセルで管理出品できるようなツールです。

出品ツールについては大体できました。
後、管理ツール(大げさですが、ただ単に在庫を一覧表で管理するだけ)を作成して行くつもりです。

基本的には売りたい!
でも、売れるような代物かどうかは不明!

まあ、その時になったら考えます。

貴方のクリックが、ぼくのブログの活力の元です
このブログが面白いと思ったらクリックしてみてくださいね〜

人気blogランキングへクリック

ブログランキングranQ

posted by sedorilife at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2006年06月12日

千円札は拾うな&「せどりお断り」について考える

こんばんは♪
今日も晩酌しています。

いえ、マターリせどりさんみたいに、お金の余裕がないのと、嫁に責められるので飲みにでれないから(嫁は飲めないので、一人で飲みにでると・・・)、晩酌で酔っています。

さて、それなりの表題を掲げたので、それなりに考えてみます。

まず、第一のお代は「千円札は拾うな!」とか言う本についてです。
売れている・・・みたいですね。

ぼくも読みましたよ・・・立ち読みで、少しだけ・・・

題名的には当たりの本では無いかと思います。
ぼくのようにセンスのない「せどりな生活」とかいう題名をつけるよりは100倍ましですね。

でも、なんか・・・「道に落ちていた千円札を拾うようなセコイ心は持たないようにして、もっと大きなお金をつかむような・・・」感じの本だったよな・・・気がします。

胸くそ悪くなったので、買う気も(元々買う気もなかったですが・・・)なくその本をたたきつけ・・・るとお店の人に迷惑が掛かるので、丁寧において帰りました。

ぼくなんか千円札が落ちていた日には喜んで拾います。
1万円札が落ちている日まで、待ちながら努力するなんて事は、絶対にしません。

それよりは、1円、5円をこまめに拾って、1万円に少しでも近づけます。
その繰り返しのうちに、1万円が何処に落ちているか勘が働くようになって、1万円を拾えるようになるのではないかと思っています。

まあ本を書いた人は、セコイ気持ちにならないで、もっと志を大きくもて・・・と言うことなんでしょうが・・・

千円札を拾えない奴が、1万円札を拾えるとは思えませんけれど・・・ね。

あー、なんか本も読まないで、すごく見当違いなところで怒っているかもしれませんが・・・酔っているので許してください。

昔営業をやっていた頃に思ったのは・・・お金のない人ほどいい人が多い・・・と言うことです。

何故かと言えば、それは選択肢がないからです。
お金のある人は、本人が努力しなくても、いろんな人が買ってもらおうと思って、いろんな情報を提供してくれたり、値段も安くしてくれます。

でも、お金のない人は、買ってくれるかどうか分からないのに、その人に営業努力をするのはリスクが大きいですよね。

お金のある人は、次がありますが、お金のない人はそれで終わりかもしれませんので、安くしても後で回収できない可能性が高いんですよね。

だから、公共工事は値段を安くしても食いつく業者がいるんですよ。
1回限りで、その後は10年以上発注がないような民間よりは、毎年ある公共工事の方が、多少安くてもいいんです。
その時は赤字でも・・・いえ、ずっと赤字でも毎年出るので、いつかは取り返せるかもしれないと思ってしまうのですよね。

では、何故お金のない人がいい人かというと(営業から見てです。)、お金持ちの人のようにこちらから売り込むのではなくて(欲しくなくても買ってくださいとお願いに行く)、売ってくださいと言ってくるからです。

そこには、ほとんど競合もなく、いらない悪知恵をつける人もなく、他の相場も知らない・・・のです。
では、営業が美味しいかというと・・・売るものによっては、リスクを負わないといけないので、売りたくないときもあります。

売りたくない営業から買うときは・・・買い手はいい人になります。
ならないと、営業も相手をしてくれません(少し極端な例を言っていますよ)。

昔売っていたものは高い品物でした(800万〜3000万円くらいのもの)ので、多少の利益で、途中で不渡りや入金の遅れがあって面倒を見るよりは、利益が少なくても安心して取引できるお客さんに買って欲しかったですが・・・

そんなお客さんは、いろんな営業やいろんな人からいろんな知識をつけられて・・・ましてや、欲しくもないけど弥助りゃかってやろう・・・とかで・・・大変でした。

でも、お金のない人は、ここを逃したら他では売ってくれないし・・・と必死でしたので、ある程度言いなりになりましたが・・・結局、リスクが大きくて、会社的にはOKがでませんでした。

最後に、売れないと断りに言ったときにお客さんに言われた言葉が印象的に残っています。

僕「また、良い話があったらお願いしますね。(社交辞令も込めて)」
客「買ってやると言うのに、これ以上いい話は・・・ないよね」



話しが、少し脱線して、読んだひとに反感を買うような内容になってきたかな・・・

では、次のお代に・・・
かぴぱら堂さんのブログに「「業者お断り」について考える」との雑感があり、随分納得しながら読みました。

それなりに、自分でも考えていましたが、なかなか考えがまとまっていないところを見事にまとめてかかれていて・・・恐縮しました。

ただ、読ませていただいて、ぼくなりに感じたところを書きます。
本来は、コメントの方がいいのかもしれませんが、長くなるのと、少しでもブログのネタに(セコイ奴ですが・・・)と思って書きます。

ぼくは地方でせどりをしているので、本当のところは分かりませんが、「業者お断り」とか「かご1箱まで」とか書いているのは、どうもフランチャイズの店ではないかと思っています。

「それなりに良い本を仕入れて、100円コーナーでお客が呼べると思っていたのに、あのせどりの連中と来たら・・・」なんて考えなのかもしれませんね。

でも、、かぴぱら堂さんが言われているように、そんなみせの単Cコーナーには、あまり美味しい本は落ちていません(でも、過去に1回その店で美味しい思いをしたことがあります。その頃はそのような張り紙があったかどうかも気がつかないほど初心者でしたが・・)。

その店の系列店にも行きましたが、ほとんど良い本がありません。
本当に、何故だろうと思ってしまうぐらいです。

せどりをしている人が良い本を根こそぎ持って行ってしまうような考えをその店とかはしているかもしれませんが、せどりをしている人は、むしろその店で不良在庫になってしまいそうな本を積極的に買っているのではないかと思っています。

たしかに回転本は、見つけたらすぐにカゴに入れます。
でも、そんな本はせどりの人がいなくても、すぐになくなるので、結局は一緒のことです。ようはタイミングだけの話です。

むしろ、普通の人が買わないような、レアな本を一生懸命探しているのがせどりの人だと思います。

レアな本ってどんな本でしょうか・・・たとえば「性転換マニュアル」とか・・・(一度だけ仕入れたのですが、何故かすごく印象に残っていて・・・」

まあ、そんなことはどうでもいいのですが(レアな本がと言う意味で・・・)、むしろせどりの人を喜んでくれているブックオフ(これも、フランチャイズが多い・・・かな)があります。

ぼくは小心者なので、よく行く店の店員はすべて顔見知りです(タブン向こうも・・・)、店にはいると「いらっしゃいませ!」なんて、大きな声で言われると、こっぱずかしいです。

ブックオフは、売ることもそうですが、仕入れには随分力を入れているお店だと思います。

これは当たり前ですが、良い品揃えの店には自然とお客が集まるからだと思います。

でも、良い仕入れをするためには、もっともっと本が流通して、血液のように流れないといけないのではないかと思います。

つまり、ブックオフで買った人が、またブックオフで売る・・・という良い回転が持続できれば、その仲介をしているブックオフは益々儲かるわけです。

われわれセドラーは、本来ブックオフで眠ってしまうかもしれない本を見つけ出して、ネットという万人(まだそこまで行かないかもしれませんが・・・)が検索して、仕入れやすい環境に本を提供しています。

その本が売れて、その何割かはまたブックオフに戻っていくのではないかと思っています。

随分昔の評価で、400円の本にブックオフの105円の値札をはがすのを忘れて送ったことがありました。

その方は、評価で2をつけられて、400円の本に105円の値札が付いていたと、至ったご不快でした。

でも、ぼくは思うんですよね。
その人が、もしぼくから本を買わないで、ブックオフに行ってその本を探したとしたら・・・まず、その本を見つけられたかどうか・・・たとえ見つけたとしても、300円の差額の値段以上の労力が掛かっていたのではないでしょうか?

ぼくのミスですので、お怒りはごもってもです。
でも、せめて1000円以上の価格の本に105円の値札が付いていたと怒って欲しかったです。

ある意味、資本主義というのはそんなものだと思います。
安く仕入れて売る・・・でもその仕入れには当然のことながら、経費がかかっており、供給が少ないものは値段が高くなる・・・と言うことが理解できていない人なのかな・・・とか思ってしまいましたが・・・

でも、これからが重要ですが・・・
もし、ぼくが購入した本に105円の値札が貼ってあったら、それはそれで怒りまくっているかもしれませんね。

さて、長くなってきましたが、かぴぱら堂さんのブログにブックオフがネット進出したときのことがかかれていました。

ぼくもブックオフがネット進出したら、在庫はネット用に別に持つと思います。価格は、随分驚異でしょうね。

では、なぜリアル店舗の在庫をネットで売らないのでしょうか?
もう皆さんはご存じですよね・・・と言うよりすぐに分かりますよね。

ぼくは下記の理由だと思います。
@ネットで売れた本がコンピュータによる在庫管理でリアル店舗にあると表示されても、本当にあるかどうか分からない。

A売れた本を探すのが大変
(新しい本を補充するときにブックオフの店員が、他の本の位置を変えたりしていますよね。ぼくの考えでは、配置を換えることによって、昨日と同じ本の内容なのに、配置が換わるからなにかお客にとっては新鮮に見えるからだと思います。でも、せどらー対策かと、たまに思いますけれどね)

B本の管理をするために、仕入れた本を1冊ずつコンピュータに入れないといけないが、その手間が大変(コストがかかる)

C万引き等で、本来あるはずの本が無くなる場合がある。

最低、この3つ位をクリアしないと、店頭在庫をネットで売るのは難しいかと思っています。

ただ、新刊書籍の場合は、@〜Bの問題もあまりなくて、ネットでの販売をやっていき安いのではないかと思っています。

最後に・・・僕自身は、せどらーはそんなに多くないと思っていますが、お店にとっては目立つんでしょうね。
そして、美味しい本をいっぱい持って行かれているような気がしているのでしょう。

せどらーを排除したら売り上げが上がるかというと・・・そんなことはなくて、むしろ売り上げが下がって、売れない分在庫経費がかさんでくるのではないかと思うのは・・・僕だけでしょうか?

今回は、長々と書きました。
少し、反感を買うようなことも書いたかもしれませんが・・・僕なりの考えです。

次は、楽しいネタで頑張りたいと思っていますが・・・どうなることやら・・・

ああ、サッカーが始まるので、ここらあたりで・・・

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

在庫比率について

昨日は17冊でした。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。

たまには、まともなせどりのことについて書かないと・・・
とかおもいまして、在庫比率について調査してみました。

現在ぼくが所有している本の販売価格別による在庫比率です。

最低販売価格  冊数
0〜300円 60冊
301〜500円 65冊
501〜1000円 243冊
1001〜2000円 464冊
2001〜3000円 186冊
3001〜4000円 105冊
4001〜5000円 65冊
5001〜10000円 119冊
1001〜39000円 25冊

グラフの方が分かりやすいと思いますので・・・
在庫グラフ.jpg

※ここでいう販売価格とは、現在出品している本のアマゾンでの最低価格のことですので、実際にはもう少し高い本もあります。

0〜300円の本は、基本的には薄利多売の回転本です。
この価格の本は、1ヶ月くらい在庫で持っていたら、もう売れないと言うことで、ブックオフに処分します(いえ、したいと思っています)。

301〜500円の本はちょっと微妙です。
すぐに売れるはずの回転本もこの中には入っていますが、元々は501〜1000円クラスの本だったのが、値下げ競争により、ここまで下がってしまったと言う本も多いのではないかと思っています。

基本的には、0〜500円の本は、しばらく持って売れなかったら処分します。
やはり、1000円〜2000円の間の本が一番多くて、このクラスの本が毎日10冊売れれば、それなりの売り上げは維持できます。

せどりをしていて、単Cで1000円超えの本を見つけると、やはり嬉しいですね。

ぼくの1年間のせどりを通して思っている、今後のスタイルとしては、そこそこの単価の本を仕入れながら、薄利多売の回転本があれば積極的に仕入れて、
売っていこうかな・・・と思っています。

何故回転本も積極的に仕入れるかと言えば・・・毎日本が売れて欲しいからです。
やはり売れないと、せどりのモチベーションが維持できません。
ただ、回転本ばかり売れて、売り上げや利益があんまりないと、それはそれで落ち込むときはありますが・・・でも、全く売れないよりは励みになります。

さて、今日も仕入れに頑張らないとね・・・
また、1週間の始まりです。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 10:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | せどり

2006年06月09日

ラブ! ケンちゃん

本を出品しようとして、ブログのネタを思いついたので、本の出品を中断して書いています。

出品中に、鉛筆での線引きがある本を見つけました。
ほんの種類は専門書系で、たぶん大学の教科書でしょう。

基本的に、鉛筆書きは消しゴムで消してから出品しています。
それで、シコシコと消しゴムで消していると・・・

「ラブ!ケンちゃん」

と言う書き込みを見つけました。

それがどうした・・・といわれるとそれまでなのですが、晩酌で少し酔った頭には、たぶん大学の教科書ということで、女子大生が書いた書き込みかも・・・とか思ってしまいました(しかし、ふと思うと・・・男子学生の書き込みかも・・・そう思うと、少しショック・・・かも)

いえ、ぼくがケンちゃんなら、この本は家宝として保存していたかもしれませんが、残念なことにケンちゃんではありません。

ただ、女子大生という響きに一人魅せられて、シコシコト消しゴムで線を消していると・・・

見つけてしまいました。
マーカーによる線引きが、約4ページ程度ありました。
少しショックです。

もう、こうなったら女子大生なんてどうでもいいです。
ぼくの労力を返してくれ〜 って感じです。

とりあえず、やりかけた仕事なので、鉛筆の線だけはすべて消しました。

そうそう、大学の教科書等に線が引いてあった場合は、気をつけないといけないのは、目次にもよく線や丸がが引いてると言うことです。

試験にどこら当たりが出るという意味なのでしょうか、よく丸とかが書いてあります。

今回も、まさにそのパターンでした。

ゴキブリを1匹見つけたら、その3倍はいると思ってください。
3倍見つけたら、その10倍はいると・・・

そんな感じで、線を引いてあるページを見つけたら、その3倍のページは線が引いてあると思った方が良さそうです。

でも、いまさらながら・・・ケンちゃんになって、この女子大生(まだ言ってるし・・・)に思われてみたいです。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2006年06月08日

Amazonからの質問

昨日は11冊売れました。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。

時折、Amazonを通して購入希望者からの質問が届きます。
質問をしてくる人は、あまり購入に結びつかない・・・と言う意見もありますが、だいたいは当たっていると思います。

ただ、たまに購入してくれる人がいるので、できるだけ質問に回答するようにはしています。

今日、久しぶりに質問があり、定価の倍近くの値段で出品している本の価格についてでした。
この本は、他にも出品者がいて、ぼくと同じような価格で出品していますので、他の人にも同様の質問をしているのかもしれません。

質問内容は・・・
「定価よりも高い値段になっていますが、ふつうの本とは違うとか何か特別な理由があるのでしょうか?」
と言った感じの質問でした。

「いえ! 何もありません。 ただ、専門書でAmazonにも在庫がないし、とりあえずみんなが倍近くの値段をつけているから・・・」な理由です。

商品は医学書関係の本でしたので、それなりの方からではないかと思いますが・・・古本の値段は需要と供給によって決まる・・・という事が理解できなかったのかな?

それとも、安くしてほしいという遠まわしのご要求だったのでしょうか?

一応、新品在庫がないのでプレミア価格です、といった内容の返事をしておきました。

そのほかにも、以前あったのが・・・
「初版とありますが、何かプレミアでもあるのですか?」
「○○円なら買ってもいいけど・・・」
「本の状態を教えてください」
などなどです。

「初版・・・」は、たまに初版を喜ばれる方がおられるので書いているだけです。この件は、返事しませんでした。

「○○円なら買ってもいいけど・・・」
その値段で売る人から買ってください(でも、売ってくれると思うから質問したのか・・・)。そんなに下げてまで売りたくないです。(これも返事しませんでした。)

どうも、他の出品者の人にも同じようなメールをしているようで、その後で、もう少し値段を上げてきましたが、それでも売りたい値段ではありませんでしたので、返信しませんでした。
たぶん、他の出品者の人も同じような感じだったのかな?
いかにも、買ってやるんだから・・・という風に思えたのは、ぼくだけかな〜

「本の状態を教えてください」
丁寧にほんの状態を教えたら、それっきり連絡がありません。このような質問で購入してくれた人は、今のところ一人もいません。

きちんとした質問には、きちんとした返事をしているつもりですが、たまに・・・な人がいますよね。

丁寧な質問者の方は、購入されなくても、希望していた内容と違うので、今回はごめんなさい・・・と言ったメールをくださる人がいます。
こんな人には、次は是非買っていただきたいものだと思ってしまいますね。
でも、押し売りするわけにも行かないしね〜

あ〜、なんか自分で書きながら、面白いところがない内容ですね。
今一歩、気分が乗らないのかな〜
もう少ししたら、雨が降りそうです・・・

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ


posted by sedorilife at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2006年06月06日

新刊せどり・・・失敗

昨日は18冊売れました。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。


2005年12月29日に7800円で売れた本

昨日、ふと思い立ち、過去に売れた本で良い値段が付いた本を新刊せどりしてみようかと・・・

過去に売れた本は全てエクセルで管理しておりますので、こちらから何冊か抜粋して、近くの大型店舗に向かいました。

この店舗は店の中の在庫を調べる端末があり、ISBNの入力で調べることができます。

何冊か調べたうちで、上の1冊の在庫があることがわかりました。
少し小躍りしながら、一応現在の価格を調べると・・・(ーー;)

既に値下がりしていて、新刊せどりをしてたら赤字になることがわかりました。
仕方なく、意気消沈して店を後にしたものです。

まっ、そんなにうまい話が転がっているわけないしね。
とりあえず、ブックオフを2軒回って、15冊くらい購入して帰りました。

佐川の集配が昨日から始まりました。
どうも、郵メール便も一律110円にしてくれそうな雰囲気です。

最近、2cmの厚みにこだわると半分くらいは郵メール便になってしまいます。
大丈夫かな・・・本当に、このまま一律の値段でやってくれるのかな・・・と心配になる。

どうも、SDさんは郵メール便や飛脚メール便はあまり取り扱ったことがないみたいで、重さが・・・厚みが・・・郵メール便は伝票が1個ずつ必要かも・・・とか、なんか、いまいち要領が悪いです。

でも、そのうちになれてきてもらえるものと信じております。
ただ言いたいのは・・・
「あの〜、佐川のSDの方がわからないことは、発送するぼくはもっとわからないのですが・・・すみませんm(__)m もう少しだけでもいいので、勉強してきてください。お願いします。」

でも、安いので感謝! 感謝! です。

ところで、カイトさんしばらくお待ちくださいね。
もう少しまとまったら連絡しますね。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ

posted by sedorilife at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2006年06月05日

【在庫管理】【失敗】Amzon出品ツールについて

昨日は11冊売れました。
7000円の本が売れたので、売り上げは15000〜16000円くらいではないかと思います。(相変わらず、おおざっぱです)

さて、だれかのブログを読んでいると、出品者のSKUは付けないとのことが書かれていました。

まあ、面倒ですし付けなければ、付けないでいいとは思いますが、1度痛い目にあったので、それからは必ず付けるようにしています。

始めた頃は、プロマーチャント契約もしていなかったので、出品はアマゾンの画面から1品ずつしていました。

本は購入した日付順に本棚に並べており、本を探す方法はアマゾンの売れましたメールに記載してある「出品ID」に記載してある、日付を参考に探していました。
【出品IDの例】
出品ID: 1204R857899 ← 1204が12月4日という意味

この方法での問題点は、売れた本がキャンセルになったときに、再出品しますが、その出品日で新たに「出品ID」がアマゾンから振られるために、元々の日付の棚から、新しい日付の棚に本を移動しておかないと、後で探すのが大変になることです。

まあそれでも、最初のうちはキャンセルも数えるほどしかなかったし、別に問題なかったです。
※1年経過してみると、何年かが入っていないので、2005年の12月なのか2006年の12月なのかわからない問題もありますね。

さて、プロマーチャント契約をしてからしばらくたったときに、せっかくなのでプロマーチャント契約者にしか使えない「出品ツール」を使用して出品してみたくなりました。

色々とネットで調べて、エクセルを使用して出品用のファイルを作成し・・・
そのファイルを出品する画面まで行きました。

この時・・・神はぼくに不幸と試練を与えたもうたのです。

絶対にやってはいけないこと・・・それは・・・・
アップロードのオプションから「削除および置換」を選ぶことです。

すべてのファイルを入れ替えるのならそのオプションでよいのですが、今回は追加のファイルだけです。

やってしまいました。
その結果、その日に出品した20冊程度の本以外は、すべて出品が終了してしまいました。

血の気が引くとはこのことですね。
その時には、約500冊程度は出品していましたので、その本が全て出品終了です。

また、出品するとなると・・・その手間を考えると・・・涙が出そうでした。
ただ、不幸中の幸いだったのは、出品していた本のレポートをたまたまダウンロードしていました。

それから、必死になってそのレポートを元にSKUを新規に入れて・・・
※出品ツールを使用するにはSKUが必要ですが、以前出品した本にはSKUを付けていませんでした。

約3時間程度で復旧できました。
本当にレポートをダウンロードしておいて良かったです。

それからは、出品ツールを使って出品していますので、常にSKUは付けています。
SKUの付け方ですが、僕の場合は日付と出品番号で付けています。
例えは・・・

2006060501 ← 2006年06月05日01番
2006060502 ← 2006年06月05日02番

こんな感じです。
一日に100冊以上出品することはこれまでなかったので、番号は下二桁までしか入れていません。
これに、CDやDVDの場合は、20060605C1とか20060605D1とかにしています。

これで便利なのは、キャンセルがあっても同じSKUで出品しますので、本を新しい日付の棚に移動しなくても良いことです。

ひっそりせどりさんのブログにちょうど在庫管理について書かれていました。
なるほどと思える方法でしたので、読んで参考にしてみればいいと思います。

ただ、ぼくのばあいは収納スペースの問題があり、空いたスペースからどんどん本を移動して詰めていきます(もちろん日付毎ですが・・・)

ひっそりさんの方法だと、移動するときに常に位置を気にしないといけないので、難しいかな・・・
まあ、嫁と二人の家内制・・・小学校の時に習ったような言葉ですが・・・忘れた・・・字も違っているような・・・ぼくも西の大学に合格するような頭があったら良かった(ーー;)

とりあえず、細々とやっています。
在庫のスペースがないのが一番頭が痛いです。

嫁には今の本が売れなければ買ってくるな!
と言われていますが・・・

新しい本を買わないと売れないし・・・
また、本を整理しないといけないな〜
ふぅ〜(ため息)

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ





posted by sedorilife at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | せどり

2006年06月03日

せどりの弟子

続けて書くのもどうかと思ったのですが・・・
一応テーマが違うのと、書きたいと思ったときに書かないと忘れてしますので・・・

せどりを初めて3ヶ月位して、ぼくも情報販売で儲けようと思いまして・・・せどりのノウハウ情報を書きました。

それで、売ろうかと思ったのですが、誰も買ってくれないような気がして、結局販売はお蔵入りしました。

でも、太っ腹なことに3人にはただで配りました。
その内の一人の人から今日電話があり、近況の話などしたところです。

ただ、最近は仕事の方が忙しくてあまりせどりをしていないとのことでした。

同じような仕事をしていたのですが、事情があって仕事を変わられることになり、その時にせどりのノウハウを伝授(偉そうですよね〜)しました。

それで、ぼくのせどりの弟子になりました(ぼくしかそう思っていませんが・・・)

歳はぼくより2つくらい上だったような気が・・・しましたが、嫁さんは一回り下の嫁さんで(うらやましい)、うちの嫁なんかより遙かにしたです。

まっ、そんなことはどうでもいいのですが・・・
ぼくのノウハウでせどりを初めて、ある程度は売り上げが上がるようになったみたいですが、せどりにさく時間が無くなってきて、今は在庫で細々とやっているとのことでした。

でも、時間が出来ればまた復活するとは・・・言われていましたが・・・

久しぶりに電話もらって、懐かしく話しましたが、昼飯にインスタントラーメンを食べているところでして、ラーメンがのびてしまいました(あっ、電話した人がもしこのブログを読んだら気にしないでくださいね)。

最高は月に150冊の売り上げがあったそうです。
それも、ぼくのノウハウがもとでですよ!

吃驚するじゃありませんか♪
是非、皆さんもぼくのノウハウを読んで頑張ってください。

でもな〜、誰も買ってくれないよな。
う〜ん、読んで文句をつけないのなら、千円くらいで売ってもいいけれど・・・(と、少しは売りたい色気がある・・・)

ただ、買った後で、ぼくを恨まないという約束の下ですよ・・・

そうそう、行っておきますけれど、ぼくはノウハウ類は買っていませ・・・
あっ、1個だけ買った! 買った!

でも、全然役に立たないで、お金をどぶに捨てたみたいで、後悔しました。

情報を人に伝えると言うことは難しいことですね。
結局、自分で必死になって、インターネットで調べた方が、よっぽど役に立つかも・・・

ん!
そんなこと言ったら、ぼくのノウハウを誰も買ってくれない・・・
前言撤回です。

ぼくのノウハウ以外は役に立たないかもしれません。
但し、ぼくのノウハウを読んで、役に立たない場合も、決して作者が悪い訳ではありません。

すべては、紙のなさることですから・・・(あえて、紙と神は間違えていないことは、一言付け加えておきます。)

う〜ん、書きたいと思ったのに、今一歩表現できてないな・・・
でも、書き直すのもあれだし・・・
まっ、いいかっ!

ノウハウが欲しい人はコメントにでも記載してください(まだ言ってるし(笑))

では、ぼくのせどりの弟子さん頑張ってくださいね。
一寸年下のくせに生意気ですね。
怒らないでくださいねm(__)m

読んだら、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 22:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | せどり

レーダー探知機

GPSレーダー探知機 GPS-971ER[GPS971ER]【J:4953840411429-2-3305】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】
今度車を変えるので、レーダー探知機も変えることにしました。

今使っているのは3年くらい前の機種ですが、それは息子に譲ることにしています。

色々調べたのですが、なんかあんまりよく分かりませんでした。
その中でも、口コミでこの機種が良かったので購入しました。

と言う・・・全くせどりとは関係ないネタ・・・ですが!
その車でせどりに行くので、間接的には関係しいるはずです・・・と思います。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

売れたけど・・・


500円→15,000円

この本は売れたけど・・・少し後悔しています。

実は、作っているHPにKENTさんのCGIを使用したくて調べていたら、この本の付録CDに掲載されていて、KENTさんのHPでは公開されていないことが分かりました。

それが、大体3週間くらい前のことです。
どうしても使ってみたくて、色々さがしました。

まあ、まず1番はアマゾンですね。
ありましたよ・・・7000円で・・・でもCDが付いていません。
CDが付いていたなら、購入したかもしれません。

その他のサイトも色々さがしました。
でも・・・でも・・・見つかりませんでした。

もう仕方ないので、あきらめて他の方法で何とかしました。
この本とは、もう巡り会えないものだと思っていたところでした。

ところが、単Cの500円均一セールの時に見つけてしまったのです。
でも、その時はもうあんまり必要なかったので・・・

ただ、時間があれば読みたいと思って、まあ買ってくれないだろうと思った価格の15,000円で出品したら・・・即売れました。

いえ、ショックでしたよ。
なにがって・・・
@読みたかったのに売れたから
Aもっと高い値段で出せば良かったから
の2つのうちのどちらでしょうか?

チッ、チッ、チッ(断っておきますが、舌打ちではないです。時計の針の音です。)
チーン♪

@は10%で、Aが90%の後悔でした。
今、ぼくの中では20,000円でも売れたのではないかと後悔しています。
何しろ、小心者のくせにセコイので・・・後悔してしまいます。

実はそれだけ価値があったのかもしれません。
だって・・・どこを探してもないんだもん!

セドラーの皆さん、是非探して売ってください。
きっと売れます。

そして、そして、値段が崩れて、安くなった頃・・・
ぼくが購入させていただきます・・・タブン・・・・

その他のKENTさんの本で絶版になっている本(CD付きでないとだめかな)は、きっと良い値段が付くと思いますよ。

だって、みんな探しているんだもの・・・

アマゾンのランキングは「215,942」ですが、購入したい人はいっぱいいると思うので、こんな本が本当にセドラーにとっては、嬉しい本ですよね。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2006年06月02日

今日のせどり

EGF美容液プラチナエッセンス【送料無料】【ALORA】
■究極の美容液【送料無料】 8,400円
ノーベル賞受賞のEGF(細胞再生因子)によりお肌が蘇える究極の美容液。
です〜

発送しましたメールにいくつかアフィリエイトの商材をつけているのですが・・・初めて売れました。

大体、やる気はあるくせに横着なので、1回作ったアフィリエイトの内容をメールに貼り付けて、ず〜と送っています。

まあ、毎回同じ人でないのが救いなのかも・・・

ところで、今日はブックオフを3軒回りました。
成果は、よく覚えていないのですが(スミマセン、晩酌で焼酎飲んでいい気分です・・・)25冊くらいではないかと・・・

1軒目は、ぼくがホームにしているブックオフで、一昨日行ったばかりですが・・・

今日行くと、せどりをしているサラリーマン(昼間っからなので、営業の人でしょうか・・・)と出会いました。

なんか、先日もあったような、会わなかったような(顔を記憶するのが、すごく不得意な人です・・・ぼくは・・・でも、昔営業していたけどね・・・)、気がします。

まだ、始めたばかりみたいでしたので、横の棚からせどりを始めました。

彼は(あえてセドリーマンと呼びましょう・・・ん! 他の人のブログの名前と一緒か! まっ、いいかっ!)

セドリーマンは、携帯をピコピコしながら、少しずつカゴに入れていきます(小さな店なので、次々とは行きません。)。

ぼくはぼくとて、いつも行っている店なので、要所要所の本を見ながらコツコツと(携帯でせどってはいませんので)探していました。

でも気になりますよね。
特に見たことがない棚を見られていると・・・
しばらくして、ぼくが見ている棚も見尽くした頃に、セドリーマンもぼくが見ていた棚に移動したので、セドリーマンが見ていた棚に戻りました。

だいたい小心者なので、もう無いよな・・・とか思いながらみていると・・・何冊かありました。

ふんっ!(やな奴ですね! 自分でも思います)
とか思いながら、低い鼻を高くしてカゴに入れます。

でも、セドリーマンもぼくが見ていた棚から、何冊か抜いていきます。
うっ!
すこし、パニックになりながらせどりを終了しました。
あっ、一応雑誌コーナーで、その他に1冊ほど仕入れましたけれどね。

小心者なので、少し傷ついています。
縄張りを荒らされた気分です。

でも、縄張りと言ってもね〜
自分が勝手に思っているだけですしね。

次の店では、単Cはいつもたいしたことがないのですが、大学病院が近いせいか、医療系の本で美味しい本が割と落ちています。

医療系の本は好きです。
いえ、全くないように興味もないし読みませんが、でも割と高く売れるので・・・

そうそう医療系の本と言えば、娘が・・・いえ、この話はまたいつかします。

で! 2冊程度少し値段は張りますが、利益はいいと思える本を仕入れました。

だれかのブログで、「洋書で稼ぐ」ノウハウを買って、すごく良かった・・・みたいなことを書いていましたが・・・

それは一応前振りなのですが、3軒目のブックオフは、千円以上購入すると駐車料金が1時間無料になります。

その店で今日は全く単Cに良い本が無くて、5冊しか抜けませんでした。

駐車料金無料には足りません。
仕方ないので、洋書コーナーで1000円の本(でも、売れたら10,000円くらいになる本)を買いました。

もう、駐車料金無料が欲しいだけの購入です。
順位は見ますが、洋書は売れれば大きいですが、売れません・・・いえ、売れた試しがありません。

ぼくも「ガツガツ洋書で稼ぐノウハウ」とか買おうかな〜

でも、そのノウハウを買う前に聞きたいのですが・・・
売っている洋書の数が少なくても・・・儲かりますか?

いつ見ても、在庫が増えていないのですが・・・そのノウハウを見たら売れますか?

はい!
未だもって、そのノウハウを買う勇気がありません。
小心者ですものね。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2006年06月01日

5月の結果

五月のせどりをまとめましたので報告しますね。

売り上げ  712,614円
粗利    472,704円
売り上げ数 459冊(DVDも含みます。)
※ここで言う売り上げは、アマゾンからの振り込み金額です。
粗利としては、発送料金、梱包代、ラベル代金等がありますが、この金額は引いていません。あくまで、売り上げから本の購入代金を引いたものです。

過去最高金額です。
5月連休に頑張って仕入れた500円均一の単行本の売り上げが、随分貢献しています。

なんか、今年に入ってから、それなりの冊数が売れていきます。
Amazonとかの、ネットで本を売るサイトが段々売り上げを伸ばしているみたいなので、それがこのような売り上げ冊数に影響があるのかもしれません。

実際にぼくのところの発送に関わる、原価をはじき出すと・・・

160円(メール便代金)+50円(エアキャップ封筒代)+6円(ラベルの代金)=216円≒220円 と考えておりました。

この計算で行くと、100,980円が発送料と梱包に関わる料金になります。
それでも、372,000円くらいの利益は出ています。
ただ、仕入れに170,000円くらいは使っていると思いますので、利益的は少ない・・・かな?

でも、仕入れ金額を利益から引くと、おかしなことになってしまいますので、仕入れにかかった費用は検討してはいけませんね。

ところで、昼間に他の人のブログを読んでいると、ブログの最後に「続き」と記載してあって、何か続きがあるのかな・・・と思って、クリックすると・・・他のランキングサイトに飛ぶという、最低な人がいました。

確かそれは、規約違反では・・・とか思いましたが、なんかむかつきました。

だましてまで、クリックが欲しいみたいです。
なんか嫌なかんじでした。

ければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 22:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | せどり

2006年05月30日

狂気の沙汰も金次第

昨日は19冊売れました。
御購入いただいた皆様に感謝いたします。



題名通りの本です。
筒井康隆の本ですが、学生時代に読みました。
最低、3回くらいは読み返しました。

もう、面白くて・・・
今回売れた・・・とか言うわけではありません。
だだ、面白かったので紹介です。

この「狂気の沙汰も金次第」という題名はご存じの通り「地獄の沙汰も金次第」をもじったものです。
その頃は、これが新鮮で、一応文芸部(なんか気恥ずかしい)だったので、その頃にみんなで出していた「Lamb(ラム)」という同人誌(同人誌というとかっこいいですが、ただの学校のクラブで発行したガリ版刷りの文集みたいなものです。)、にぼくの発案で、みんなでことわざをもじってみようという企画をやりました。

もう、よく覚えていませんが・・・
嘘つきは政治家の始まり・・・とか
荒淫ミイラのごとし・・・少し下品
借金は忘れた頃に取り立てに来る・・・災害は忘れた頃にやってくるが出典です。

なんて、どうでもいいことをやってました。
もし、興味を持ったら「狂気の沙汰も金次第」を読んでください。
挿絵が「山藤ショージ」(名前が間違っていたらごめんなさい)さんで、それも良かったです。

さて、今日は10冊程度仕入れてきました。
出品しないといけない本が、どう見ても60冊以上有、置く場所のこともあって躊躇しています(単なる、横着とも言いますが・・・)。

本を買っていただいた人から、お礼のメールが日に1〜2通くらい来ます。
以前は返事を返していたのですが、かえって迷惑かな・・・とか思って、最近は返事を出さないようにしています。

ただ、先日本当に丁寧なメールをいただいて、これについては返事を出しました。

そうそう、有名人の人から購入してもらったことが・・・
たとえば、宮里藍さんとか・・・沖縄からのご注文でしたので、てっきり本人かと思ったら、同姓同名の人でした。

失礼なことに、本人ですか・・・みたいなメールを送ったら、大学生の方で、あの有名な宮里藍さんではありませんでした。

失礼な手紙にもかかわらず、丁寧に返事をいただき、かえって恐縮してしまいました。

札幌からいただいたお礼のメール(女の方)が、すごく好印象で、思わず(よく思わず架ありますが・・・)出張に行っていた頃を思い出してメールしたら、それに対して丁寧なお返事をいただきました。

その後も、文通を続ける・・・と言うわけにも行かないので(ナンパしてどうする!という心の声に従って・・・)それっきりになってしまいました。
残念です。

あー、なんかせどりネタじゃないですね。
まっ、いいかっ

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 20:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | せどり

2006年05月28日

今日のせどり

昨日は10冊でした。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。

今日は、朝からセールをやっているブックオフに突撃です。
9時開店と言うことで、大丈夫だろうと思って8時20分に家を出たのですが、到着したのが開店5分前とぎりぎりでした。

なにしろ、今日のお店は少し遠くて、高速で3IC先を降りてから15分くらいバイパスを走ったところにあります。

開店前から何人かお客さんが待っていまして、周りのお客さんを見回したところ、セドラーらしき人は見あたりません。

でも、何処にどんな伏兵がいるか分かりませんので、転ばぬ先の杖とでも申しましょうか・・・開店と同時にダッシュしました。

店員が扉を開けたら、すぐに横にあるカゴをとり、2階の単行本コーナーに走ってあがり・・・昨日選んで、わかりやすい場所に移動して置いた本を・・・

あれっ、ないっ!
あっ、まずい・・・

よく見たら、昨日のうちに配置が少し変わって、本の位置が違っていました。
「まずい、まずい・・・」と思いながらも、昨日選んだ本を見つけて、カゴに入れ、その間、他の競争相手がいないか確認し・・・・

だ、誰もいませんでした。
少し拍子抜けするも、気合いを入れて端から調べて、カゴに入れていきます。

9時〜10時の間は、店内全商品が20%OFFです。
何しろ105円の本も20%OFFでして、こちらの方もせどらないと・・・な〜んて余裕もなく、ひたすらプロパーの本を探しておりました。

その合間に、向こうの方の棚から他のセドラーの声が聞こえました。
そっちの方の棚は「62番」の番号の値札が付いているので、安くならないと思って、余裕をかましていたのですが・・・

そのセドラーが店員に「こっちの本は500円になるのですか?」なんて聞いています。

店員は、「一寸待ってください、聞いてきます・・・」と言って、調べた跡で「41番と62番が安くなります」とのこと・・・

「エッ、なに〜!!(吃驚2つです。)」
ぼくも再度確認しましたよ・・・違っていたら大変ですものね。

その後、店内放送でも「41番と62番が500円均一です」と放送していましたが・・・この番号知っている人って、せどりしている人くらいしかいないのでは・・・なんて思ってしまいました。

とりあえず、10時になった時点でカゴが3つになったので(10時から単行本が500円均一でした。)それを精算して・・・

その後、さらに気合いを入れて62番を中心にせどりです。

結局、約3時間くらいかけて、89冊(44,500円)ほど買いました。
正直、疲れました。

その間に遭遇したせどりらしき人は一人・・・だったと思います・・・タブン・・・(夢中であまり周りを見ていない)

なんか、すごく充実して帰りの車の中で色々考えていたら・・・
(あっ、辞書のコーナーを見るのを忘れた!)と言うことに気づきました。

少しだけ後悔しましたが、少し疲れていたので、引き返す気もおきず・・・

帰りにホームセンターに寄って、本箱の補強用の金具等を買って・・・
ついでに、駐車場で売っていた「焼きたてメロンパン」を1個買いました。

そうそう、お昼はブックオフの近くの「大戸屋」で、「つくね」と「箱うどん」でした。
美味しかったです。

大戸屋は割と好きですが・・・近くにないので、このブックオフに行ったときにしか行っていません。

と言う一日でした。
値札は全部とりましたが・・・出品しないと・・・
買ったことで、満足しています。
でも、出品しないと売れないですよね。

夕食食べたら出品します・・・ね

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ

posted by sedorilife at 17:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | せどり

2006年05月27日

せどり教室(有料)

こんなこと書いたら反感買うかな・・・とか思いながらも書いてしまいます。

テレビに出られた方が、「せどり教室(有料)」を開かれるそうです。
う〜ん、参加したい・・・!

これまでのぼくの実績からして、月に40万というのが一つの壁のような気がしています。
是非、中級の講座に参加して、40万の壁をぶち破って、次のステップにいけるような指導をして欲しいと思っています。

一寸、申し込みしてみようかな〜
でも、先生があの実績では・・・
ただ、指導は実績がすべてではないとかも言うしね・・・

参加してみたいな〜

ただ、自分が学ぶのと教えるのは全く違うことなのは確かです。
人に教えることでわかることもあるでしょうしね。

これまでの経験で(そんなたいそうな経験ではないですが)、一番つらいのは「分からない所が分からない」と言うことです。

自分が分からないところが分かれば、そこを集中的に聞けばいいのですが、それさえも分からない五里霧中の状態では、右にも行けない、左にも行けない、ましてや前に進んでいることさえも分からないという状態です。

まず、一番大事なのは、自分が分からないことを分かることだと思います。
でも、分からないことが分かると言うことは必要なことで・・・

う〜ん、なんか分かってもらえるかな・・・

と言うことで、ぼくもせどり教室の生徒を募集してみようかな・・・
でも、誰も来ないかもね。
もっと、実績を上げないと・・・

と言うことで、以前も書いたのですが、過去の実績です。

2005年
3月 11,320円
4月 156,067円
5月 235,389円
6月 373,870円
7月 384,368円
8月 447,782円
9月 428,087円
10月 410,293円
11月 327,810円
12月 334,586円

2006年
1月 525,828円
2月 454,324円
3月 457,622円
4月 534,781円
※ここの売り上げは、アマゾンから手数料等を引いて振り込まれた金額です。

もう少し頑張って、先生になれるようにならないと・・・
でも、今くらいがぼくのペースでは一番いいのかもね。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ

posted by sedorilife at 19:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | せどり

セール



昨日は14冊売れました。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。

月末でブックオフの中にはセールをしている店があるみたいですね。
今日2軒回って、その2軒ともセールをしていました・・・とは言っても、1軒目はセールをねらって朝から並んだのですが・・・

せどらーらしき人は、ぼくといつも見る若いお兄さんの2人でした。
単行本500円均一セールでしたが、あんまり良い本が落ちていなくて・・・と言いながらも22冊くらいは購入しました。

今日のために、昨日の夕方お店に行って、高そうな本を調べておいたのですが、年のせいかあんまりいっぱいは覚えられません。
仕方ないので、10冊くらいは目星をつけておいて、回転と同時に一気にかごに入れました。

その後は、ぼちぼちと順位と値段を確認しながら選んでいきましたが、いつもはすぐに帰ってしまう、もう一人のせどりの人は、今日は何故かぼくが帰るまでいました。

あんまり良い本が仕入れられなかったので、頑張っていたのかな〜
その後で、少し遠いブックオフに行ったら、セールをやっていまして、文庫本が200円で新書が300円でした。

ただ、明日の10時から単行本が500円均一なので、欲しい本を何冊か調べておいて、明日もあさからブックオフに行きます。

やはり、安定した売り上げを上げて行くには、努力ですよね・・・それと少しの運も必要ですが・・・

ブックオフって、電話したらセールの内容と顔してくれるのかな・・・?
教えてくれるのなら、いちいち行かなくてもいいんだけどね。

さて、明日も頑張ります。

そうそう、全く話に触れませんでしたが、スタートレックヴォイジャーが大好きです。

でも、少し疲れたので、その話は次にします。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2006年05月26日

即効!キャンセル


105→4889円

昨日の売り上げは・・・ん! 今朝書いたような気がしますので除外・・・

さて、今日はプロマーチャント契約している2週間の区切りの最後の日です。
売り上げは290,677円(アマゾンの手数料を引いた振り込み金額)でした。
2週間前が、294,173円でしたので、ぼく的にはすごい売り上げです。
えーと、合計すると584,850円でした。

過去最高です。
何故だかよくわかりませんが、とりあえず過去最高でした。
あーでも、ちゃんと情報分析しないといけないのかな・・・
えーと・・・まっ、いいかっ!
結果オーライということで・・・

ところで、今日ですが1冊の本が売れて、即効!キャンセルになりました。
10:41 本が売れて発送してくださいのメールが届く
10:58 お客様からの問い合わせでキャンセル

そのキャンセル理由がふるっています。
「発送日が遅いのでキャンセルしたいのです。すみませんが、よろしくお願いします。」

あの〜
ぼく仕事していて、発送に関するメールも送っていないのですが・・・
それに、基本的に次の日には発送するのですが、注文して10分後に発送しろと・・・
よくわかりません。

神様(紙がいれば・・・あっ、髪がいれば・・・いえ、神がいれば・・・です。)、どうすればいいのか教えてください。
えー、確か・・・二拝二拍手1拝だったような・・・(注1)
をしてみました。

これはぼくの想像ですが、注文後にアマゾンから届けられるメールには2営業日以内に発送します・・・のような文面が書いてあったと思います。

金曜日に2営業日というと・・・月曜日発送でもかまわない話になりますので、それで、キャンセルしたのかな・・・

女心と秋の空・・・とか言いますものね・・・(今は、春なのに・・・)
あっ、ちなみに女の方でした。
年齢と容姿は聞かないでくださいね・・・答えられません。

※注1:ネットで調べました。「二拝二拍手1拝」は正解でした。ご存じとは思いますが、神社での拝み方です。

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ

posted by sedorilife at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり