お得商品.com
ブランド・生活雑貨・フード・コスメ・etc
便利でお得な商品満載
月500円のアマゾン携帯サーチ「Amasearch」

申し込み受付中
せどり情報は・・・人気blogランキング参加中

2009年04月25日

Amazonランキングについての考察

Amazonランキングについてふと思ったことです。

私見ですが、Amazonのランキングは下記の要素で決められているのではないかと思っています。

@最近売れればランクはあがる
Aその本を参照する人が多ければランクは上がる
B予約があればランクが上がる

ただ、@とAに関しては、ウェイトがあり、@>Aのようになっていると思います。

例えばですが、@の場合は1冊売れる毎に10000ポイント付加し、Aの場合は1回参照される毎に100ポイント付加するような仕組みで、合計ポイントが高い方がランキングの上に行くようにしているのではないかと思ってます。

Bの場合は、何となくですので根拠はありません。

実際、新品無しで50万位のランクの本に予約が入っていて、この本を出品して売れたとたん、ランクが10万位以内になってました。

そして、日を追う毎にランクは下がっていきましたが、マーケットプレイスで再び新品が出品されて、暫くして売れたら、また10万位くらいまであがってました。

それと、なんかアクセスは多いが売れない本とかもランクが高い場合があります。

ランキングを気にしても仕方ないとの意見もありますが、仕入れの時に、他の出品者の最低価格とランキングは他に仕入れの何の指針もない場合は参考にするしか有りません。

ただ、発行年月日が古いのに、ランキングが高い本は、最近売れたか、長く人気がある本だと思います。

そして・・・これが最後の砦ですが、せどりを続けていると何となく備わってくる勘です。

何か説明できないけど、売れそうに思える・・・とか、105円なら失敗してもいいや・・・と言う投げやり?な思いです。

まれに、そのような勘も当たる(ただ単に運が良かっただけという話もあります)ことがあり、自分の勘が優れていると勘違いしたりしてね。

1つの当たりの他には、多くの外れがあるのでしょうが、あんまり頭の良くない自分は、都合よく外れた品物は忘れていきます。

ただ、安く売れたときは、仕入れたときの事を思い出したりして、後悔することもあります。

そうそう、本を置く場所が無くて処分する時もです。

記憶というものは都合良くできてますね。

ただ、もう少し記憶力が良ければ、もっと儲けられるかも知れない・・・と思うときもあります。

ここには、せどりな情報と苦労したブログがあります→人気blogランキング←ポチットしてくださいね






ダニを捕るならダニ退治シート
posted by sedorilife at 19:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | Amazonランキング

2006年06月01日

再びAmazonのランキングについて考える

昨日は、14冊売れました。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。

ところで、昨日はAmazonランキングについてのぼくなりの考えを書きましたが、もう少し補足したくなったので、昨日に続いて書きますね。

Amazonが何故売り上げ冊数で、ランキングをしないのだろうかと考えました。
その結果、思い当たったのは、売り上げ冊数のみでランキングを作った場合、Amazonに在庫がない本のランキングはどんどん下がってしまうからだと思います。

つまり、すご〜く需要はあるのだけれど、在庫がないので売れない本(売られない本)のランキングは、随分下の順位になってしまい、実際の需要にそぐわないランキングになってしまうからではないかと思います。

たまに出品していて、在庫なしの本がありますよね。
でも、順位は10万〜20万くらいの本とかを見つけることがあります。
もし、検索件数(他の要素も含むかもしれませんが・・・)で順位を決めているとすれば、Amazonに在庫なし、マーケットプレイスにも出品者なし、でもそれなりの順位ということもあり得ます。

これが、売れた冊数で順位をつけたら、すご〜く低い順位になってしまいます。

では、このような順位の付け方のメリットは何でしょうか?
Amazonとしては、「検索件数が多い=売れる本」と言うことで、そのような本を積極的に仕入れていく材料になります。

また、そのような本を見つけたせどらーは、大喜びしてマーケットプレイスに出品してくれると言うことで、新品の在庫がなくても古本で提供できるような図式ができます。

その結果、Amazonに行けば欲しい本が手に入る・・・とか、レアな本でもアマゾンに行けば手に入る・・・と言うことになり、ますますアマゾンを利用する人が増える・・・と言う相乗効果を生むのではないかと思います。

一応、ランキングに関するぼくの考えはこんなところです。

ところで!!
昨日から、アマゾンから来る「発送してください」のメールに記載してある、納品書の書式が変更になりました。

記載してある内容は同じなのですが、これまでと違ったところで改行してあったりして・・・非常に困りました。

なんというか・・・
ぼくは、発送しましたメールの作成は、このメールから本の題名と購入者の名前をコピーして貼り付けています。

1通1通手で作成するのは、同じ作業の繰り返しで大変なので、マウスのやキーボードの操作を記憶させて、再生できるソフトを使って作成していました。

それが・・・涙・・・
昨日から書式が変わったので、これまでのやり方ではできなくなってしまいました。

また、その書式に対応した動きをするように作り替えないといけなくなってしまったのです。

コラッ、Amazon!
勝手に断りもなく書式を変えるな〜
一言くらい、僕に断りを入れろよ〜

・・・そんなこと・・・無理か・・・

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ


posted by sedorilife at 12:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | Amazonランキング

2006年05月31日

Amazonのランキングについて思う事

昨日は19冊でした。
ご購入いただいた皆様に感謝いたします。

イヤスコープG/パールピンク[新色限定生産]【美容健康ダイエットゲルマニウム品、生活家電まで!「at-brains Inc. select shop」】
イヤスコープです(いわゆる耳かきができるカメラ・・・かな?)

耳がかゆいと思って、色々調べていたらこんなものを売っているのですね。
買ってみようかな〜

Amazonのランキングを参考に本は購入しています。
もちろんランキングが高くて(順位が高い(1番がいちばん高いという意味です。)という意味)、値段が高い本をできるだけ選んでいますが・・・

Amazonはランキングの基準については明確にしていないので、いろいろな憶測が飛んでいます。

ぼくが仕入れた本で、ランキングが高くて、Amzonに在庫がなくて、他の競合者より安いか同じ値段で、なおかつ状態も良い本が、中々売れない事があります。

なぜだろうと思いました。
もし、売れている本の順位であれば、すぐにでも売れても良いはずなのに、売れないのです。
では、他の人が売れているかと言えば、そうでもなくて・・・

という事をふまえて思った事は・・・

Amazonのランキングは、Amazonに表示されるか、検索された回数によってランキングが表示されているのではないかと・・・

もしかすると、その中には購入した数も入っているかもしれません。

でも、購入数でなくて、検索数であれば(購入するときは必ず検索するしね)、順位が高い本がなぜ売れないかわかります。

たとえばH系の本や、あっこんな本があったんだという感じで、思わず検索してしまうような本があれば、順位も高くなります。

それに、もしかすると(もしかするとばかりですが・・・)アマゾンにアクセすると、過去に検索した検索履歴を元に、お薦めの本を紹介してくれますが、このときに表示されても回数にカウントしていたりして・・・

もちろん、順位が高い方が売れる可能性も高くなりますが、とりあえず検索だけしてみる・・・と言う本も中にはありますので、順位が高くてもなかなか売れないのではないかと思っています。

もしそれが本当なら、専門書とかを検索するのは購入意欲の高い人しかいませんので、専門書の場合は順位が低くても割と売れるのかもしれません。

ホームページでものを販売しているサイトがそうですが、訪問者数が多ければいいというものではなくて、購入意欲のある訪問者がいったい何人訪問してくれるかが問題なのです。

ちょっとだけ、この考えは合っていると思っているのですが、皆さんはいかが思われますか?

よければ、ランキングアップに皆様の清き1票を・・・

人気blogランキングへ参加しています。

ブログランキングranQ
posted by sedorilife at 15:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | Amazonランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。