お得商品.com
ブランド・生活雑貨・フード・コスメ・etc
便利でお得な商品満載
月500円のアマゾン携帯サーチ「Amasearch」

申し込み受付中
せどり情報は・・・人気blogランキング参加中

2013年04月10日

領収書

人気blogランキングに参加しています←ポチットしてくださいね

最近、色々細かいトラブルがあり大変ですが、それなりに頑張っています。

昨日、価格調整をしてから、少し売れるようになりました。

良かったです。

5月28日から、領収書をAmazonの画面から取得できるようになるみたいですね

領収書に関しては、注文メールで毎回購入者の方に連絡していますが、その文章を変えないと行けないなと思っていますが、どの手順で取得できるのかがまだはっきりしないので、文章の変更は5月28日以降になりそうです。

基本的に、領収書はPDFで送っていたので、少し楽になる位です。

元々は、領収書はAmazonが発行していたのに、途中で出品者の方へ発行するようにされました。

今度はその元々の状態に戻ると言うことです。

だったら、もっと前にAmazonはソフトの改造を行ってくれていたら良かったのにね


SBIFXトレード

月に500円からのAmazon携帯サーチの募集を始めましたので、興味を持たれた方は、こちらをクリックするか、上にある「アマゾン携帯サーチ「Amasearch」申し込み受付中」をクリックしてみて下さい。
posted by sedorilife at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 領収書

2008年06月17日

領収書に関する質問について

領収書に関して、コメントで書き込みがありましたので、こちらで回答させていただきます。

領収書に関しては、Amazon側から出品者が発行することになっています。
それは理解されていると思います。

それと、出品者はAmazonに手数料を支払って販売しておりますので、購入者の方にはその手数料込みの値段、つまり購入金額+340円
(本の場合)の金額の領収書を発行することになります。

たとえば、Yahooオークションで落札された人が、領収書を欲しいといった場合に、出品手数料や落札手数料の5%を引いた領収書は発行しないと思いますがいかがでしょうか?

また、Amazonが領収書は出品者の方で発行するようにと言っている以上、領収書の発行をお断りする事はできないと思います。
法的な話をされてもよく分かりませんが、領収書を発行しないと購入者の人が困るのは明白です。

領収の事については、他にもブログに色々と書いてますので、左側に有る「領収書」をクリックして呼んでみてください。

領収書に印鑑は必要有りませんので、わざわざメール便等で送る必要はありません。

作成した領収書をPDFに変換してメールで送ればいいのです。

手書きの領収書を欲しいと言われる方がいれば、「送料をくれれば送るよ」と発送メールにでも記載しておけば、本当に手書きが欲しい人は送料もしくは切手を送ってきてくれます。

実際、これまで手書きの領収書が欲しいとのことで、1回だけ返送用の封筒と切手付きで送ってこられた方がおられます。

それ以外の方は、購入者の方が了解の上、全てPDFの領収書で送ってます。

Amazonへの手数料が腹立たしいのは分かりますが、場を借りて出品している限りは仕方ないことだと思います。
もし、気に入らなければ他のところで売るしかないのかと思っています。

ただ、手数料を取っているのだから、トラブル時にはもう少しきちんとした対応や返答をAmazonにはお願いしたい気持ちはあります。

現在のようにAmazonが販売チャンネルの上位をしめており、一般からの中古品の出品スペースを持ち、それが他の同様のシステムに比べて圧倒的に知名度がある以上は、仕方ないとあきらめて出品するしかないと思っています。

もし、Amazonにマーケットプレイスの出品者で圧力をかけるのであれば、マーケットプレイスの出品者で組合のような物を作り、その代表がAmazonと交渉するくらいしかないかも知れませんね。

そうしたら、マスコミにも取り上げられ、もしAmazonから他のシステムに組合員が移るにしても、移った先のシステムの知名度が上がりますので、Amazonとの交渉するのは幾ばくか有利に働く可能性があります。

Amzonのマーケットプレイスの出品数の5割以上が他のシステムに移行するとなれば、Amazonも交渉に応じてくれるかも知れませんよね。

ただ、Yahooが出品手数料を取ると言ったときに、他のオークションに移るという人は多々いましたが、結局はYahooの知名度に負けて、今でもYahooで売っている人は多いのではないかと思います。

それだけ、世間に周知しているAmazonのシステムを覆すのは難しいと思います。

ただ、食品偽造のようにな事象が有って、マスコミにたたかれるようなことがあれば、Amazonの今の地位も難しいときがくるかも知れませんが、売っているのが本ですので、賞味期限や産地の偽装の問題もないと言うより、人体に多大な影響を与えるような不祥事は無いと思いますので、そんなに大きな問題にならないかも知れませんね。

少し、質問から逸脱しましたが、思いつくままに書いてしまいました。

ここには、せどりな情報と苦労したブログがあります→人気blogランキング←ポチットしてくださいね
posted by sedorilife at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 領収書

2007年10月16日

【調査結果】クレジットの領収書の発行について

「ちがいますよ」さんからAmazonで購入された方に領収書を発行するのは意味がないとのご指摘を受けましたので、広島北税務署に連絡して調べました。

税務署の方が言われるには、「お互いが納得して領収書として認めるのなら問題ない」とのことで領収書として通用すると言われておられました。

ただ、会社等で税務調査が入ったときに、この領収書に疑義を持ったとき、本当に金銭の授受(クレジットも含めて)を調査するために、領収書の発行先に問い合わせを行う事があるかも知れないとのことでした。

ですので、発行した領収書の控は保存しておいた方が良いかも知れません。

いつまで保存しておけばいいかは調べてませんので、詳しい方がおられましたら教えていただければと思います。

また、このことを色々考えながらふと思ったのですが、国税庁のHPに「クレジット販売の場合の領収書」と言うページがあり、こちらに収入印紙が必要か不必要かが記載してあります。

と言うことは、クレジットカードに対しての領収書は国税庁は認めていると言うことですよね。

認めているから、収入印紙を貼るか貼らないかの見解を記載しているわけだと思いますが如何でしょうか?

もし、クレジットカードの領収書を認めていないのなら、この質問に対しては、「クレジット販売の場合の領収書は領収書として認められない」と書いてあるはずですよね。

と言うことで、ついでに領収書に印鑑は必要ないという件とPDFで発行しても問題ないと言うことも確認しました。

以上報告でした。

【追伸】
今回の問い合わせはの回答は、Amazonで本を売っていることや、Amazonがクレジット決済を行っていることAmazonが手数料を徴収しており、領収書はその手数料を全て含めた金額で発行等のシステムについても説明した上での回答です。

ここには、せどりな情報と苦労したブログがあります→人気blogランキング←ポチットしてくださいね


posted by sedorilife at 11:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 領収書

2007年10月13日

領収書と収入印紙

領収書への収入印紙の件について加工かと思ったら・・・

既に過去のブログ領収書の発行についてで書いていました。

簡単に言うとクレジット販売の領収書については「クレジット販売」と言うことを明記しておけば、収入印紙は必要ないと言うことです。

国税庁のHPに「クレジット販売の場合の領収書」と言うページがありますので、詳しく知りたかったらこちらを読んでください。

もっとも、3万円を超えるようなことはほとんどありませんので、あんまり心配しなくてもいいかも・・・

収入印紙を心配するような購入をしてくれる人が現れることを切にに願っていますけど・・・なかなか・・・・

ここには、せどりな情報と苦労したブログがあります→人気blogランキング←ポチットしてくださいね
posted by sedorilife at 19:17 | Comment(6) | TrackBack(0) | 領収書

2007年10月05日

Amazonの領収書

昨日の夜寝ながらブログのネタを考えました。

正直、毎日書いているとつらいこともあり、やめてしまおうと思うこともあります。

ふと、いったい誰に向けて書いているのだろうかと思ってしまうことがあり、ブログを休もうかと思うこともあります。

毎日書いている人は、それはそれだけですごいことだと思います。


と言う前振りから始まりましたが・・・・・

実は昨日の夜は午後10過ぎに寝て、24時くらいに目が覚めました。

そして、色々と考えている中で2〜3ブログネタを思いつき、そうだA5SIZE:せどり日誌さんにお世話になって報告していないことを思い出しました。

お世話になったのはずいぶん前なので・・・どうも報告が遅れて申し訳ございませんでした。

さて、そのお世話になった内容とは、Amazonの領収書の件です。

A5SIZE:せどり日誌さんが領収書の件で参考になる文章をブログに記載されていましたので、そちらを半分くらい参考にして(実際はパクって)、以下の文章を発送メールに記載しております。

-------------------------------------------------
【領収書の発行】
領収書はカード明細を以って替えさせていただいております。
領収書の発行をご希望される場合は、領収書の宛先を連絡いただきましたら、PDFで領収書を発行させていただきますので、メー
ルにて受領していただきPDFの領収書を印刷して使用してください。
 クレジットカード取引は現実に金銭の授受を伴いませんので、但し書きには「クレジットカード決済」と記載してお送りいたし
ます。
 また、手書きの領収書の発行を希望される場合は、「納品書」と80円切手を同封の上こちらの宛先までお送りください。
到着次第、手書きの領収書を発送いたします。
------------------------------------------------

これによって、これまでPDFの領収書でいいから欲しいと行ってきた人は3人いました。

一人は、発送しましたのメールを送って少ししてから連絡をいただいております。

正直、PDFで領収書を送れることでずいぶん助かっています。

領収書を別途送るとなると手間と時間とお金がかかるのが大変ですよね。

そんなこんなでA5さんありがとうございました。


さて、領収書とは全く別の話ですが・・・

晩飯を食べていると、嫁が風呂にはいるというので・・・

嫁「食べ終わったら、こことあそこの電気は消しておいてね・・・それと、ラーメンの汁は全部飲まないこと・・・」

と言うのです。
でも、人の話をするときは相手の目をみて話さないといけないと思い、嫁の目をじっと見つめました(この行為を嫁にするときは、少し酔っているときかも・・・・)

嫁「どうしたの・・・そんなに見つめて?」

僕「人と話をするときはちゃんと目を見て話さないとね!」

嫁「そう・・・・よく見ると・・・ううん! よく見なくても目が小さいよね〜」

僕「・・・・・・・・・」(傷つく・・・)

教訓:嫁の目を見るときは、めいっぱい自分の眼を開けてみないといけない・・・



腹が立ったので、ラーメンの汁を全部飲んでやりました。
へん!っだ


ここには、せどりな情報と苦労したブログがあります→人気blogランキング←ポチットしてくださいね
posted by sedorilife at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 領収書

2007年08月02日

領収書の発行について

昨日かけなかった領収書について説明しますね。

Amazonの購入者の方から領収書の依頼があった場合に発行する領収書ですが、領収書を書くときに下記の点に注意してください。

@但し書きに「クレジットカード利用」と記載すること
A3万円をこえても収入印紙は必要ありません。
 ※@の記載がない場合は必要になります。
B発行者の住所氏名等が記載してあれば、印鑑は必要ありません。
 ※税理士に確認した(間違っていたらご指摘ください)

@とAについては、国税庁のHPに下記の記載があります。
以下は国税庁のHPからの引用になります。
----------------------------------------------------
クレジット販売の場合の領収書
【照会要旨】
 当社では、クレジットカードで買物をしたお客様に、クレジット利用伝票(お客様控)のほか、お客様の要望により、領収書を作成交付しています。この領収書には、印紙をちょう付する必要があるのでしょうか。

【回答要旨】
 第17号の1文書(売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書)は、金銭又は有価証券の受領事実を証明する目的で作成されるものです。ご質問のように、クレジット販売の場合には、金銭又は有価証券の受領事実がありませんから、表題が「領収書」となっていても、第17号の1文書には該当しません。
 なお、クレジットカード利用の場合であっても、その旨を「領収書」に記載しないと、第17号の1文書に該当することになります。

【関係法令通達】
注記
 平成18年5月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。
-----------------------------------------------------

上記をふまえて作成したら下記のような感じの領収書になるのかな・・・

Ryousyuu.jpg


それと、領収書には印鑑が必要ないとのことですので、領収書の金額を改ざんされないようにPDFに変換して、領収書を希望されるお客様に送ればいいと思います。

そうすれば、領収書の送料も必要ないですしね。

最後に、税理士の人は発行した領収書には番号を付けて、きちんと管理しておいてくださいとのことでした。

ここには、せどりな情報と苦労したブログがあります→人気blogランキング←お役に立ったと思ったらポチットしてくださいね
posted by sedorilife at 10:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 領収書